ゴマリグナン セサミン

スポンサードリンク

ゴマリグナン

ゴマリグナンは、ゴマ全体の1〜1.5%程度とわずかしか含まれていない機能成分です。ゴマにはこのほかにも、不飽和脂肪酸やビタミン、ミネラル、食物繊維などさまざまな栄養成分を豊富に含むことが知られています。



ゴマリグナンの主成分はセサミンとされていますが、他にも、セサモール、セサミノール、セサモリノール、セサモリン、ピノレジノールなどの成分が含まれています。



ゴマリグナンが注目されているのはその抗酸化作用です。抗酸化作用というのは、老化や生活習慣病の原因とされている活性酸素を無害化する作用のことです。



ゴマグリナンの抗酸化作用によって、血中コレステロール低下作用、血圧降下作用、乳がん細胞増殖抑制作用、ビタミンEとの同時摂取で食物アレルギーの抑制、老化や動脈硬化など生活習慣病の防止、肝機能の強化、二日酔いの防止などの作用があるといわれています。



ゴマ特有のゴマリグナンとしての成分である、セサミン、セサモリンはごま油やすりごま、ねりごまなど全てのごま製品に含まれていて、セサモールとセサミノールは特にごま油の中に多く含まれていることが知られています。



ゴマリグナンに含まれているピノレジノールは、ゴマだけでなく、杜仲茶やエゾウコギにも含まれるリグナンのひとつです。



ピノレジノールは、抹消血管を拡張する働きがあり、血栓やコレステロールを溶かし除去する作用や抗炎症、抗アレルギー作用が報告されています。さらに、腸内細菌によって代謝され、女性ホルモン様作用をもつエンテロラクトンという成分を作りだすことが知られています。



エンテロラクトンは、イソフラボン同様、生理的にホルモン活性を生じることで、女性の更年期障害の改善や乳がん、尿失禁、骨粗そう症、また男性の前立腺がんの予防などに効果のあることが認められています。



ゴマリグナンは、肝臓で抗酸化作用を発揮することが知られています。肝臓は活性酸素がもっとも発生する臓器といえます。肝機能が低下すると、血液中に過酸化脂質が増え、これが脳梗塞、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因になります。ゴマリグナンの摂取により血中コレステロール値が下がることが実証されてもいます。



ゴマリグナンは、肝機能を高めることで、飲酒の際には、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を促進します。アルコールの分解を促進することで、肝臓の負担の軽減を期待できます。

セサミン・サプリ 最新一覧 By 楽天



セサミンとは / ゴマ / 黒ゴマ / ゴマリグナン / セサモール / セサモリン / αーリノレン酸 / リノール酸 / オレイン酸

スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。