セサミンと更年期障害 セサミン

スポンサードリンク

セサミンと更年期障害

セサミンが更年期障害の症状の改善に効果があるとされています。更年期障害には様々な症状がありますが、そのなかに、自律神経失調症と呼ばれる症状があります。



自律神経失調症というのは、活動する神経といわれる『交感神経』と、休む神経といわれる『副交感神経』の二つの自律神経が、自分の意思とは関係なく心臓を動かしたり汗をかいたりというように、自律的に働いていて、必要に応じて自動的に切りかわって働くことで体調を保っているのですが、それがうまく切り替えが出来ずにその働きのバランスが崩れることで体調不良になっている状態のことです。



自律神経失調症の症状には、頭痛、口の渇き、疲れ眼、のぼせ、倦怠感、イライラするなど様々な症状があります。そして、自覚症状があるのに検査をしても異常がみつからず、症状が特定の部位に強くあらわれた場合は別の病名がつけられることもあります。



京都大大学院人間・環境学研究科の森谷敏夫教授と、サントリー健康科学研究所などと協力して行った研究では、セサミンを更年期障害の人に投与することで、交感神経と副交感神経が明らかに活動を活発化し、自律神経全体としても活動を活発化することで、バランスがよくなると報告されています。そして、更年期障害の自覚症状も、症状改善の傾向が見られたと報告されています。

セサミン・サプリ 最新一覧 By 楽天



セサミンの効果・効用 / セサミンと活性酸素 / セサミンと冷え性 / セサミンと白髪 / セサミンと育毛 / セサミンと更年期障害 / ゴマとコレステロール / ゴマとメタボ / セサミンとアトピーと花粉症 / セサミンとアンチエイジング

スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。