ゴマとメタボ セサミン

スポンサードリンク

ゴマとメタボ

ゴマは、メタボリックシンドローム対策に効果があるとされています。ゴマはセサミンなどのゴマリグナンや、オレイン酸などの脂質を含んでいます。



セサミンなどのゴマリグナンは、肝臓で抗酸化作用を発揮することが知られています。肝臓は活性酸素がもっとも発生する臓器といえます。肝機能が低下すると、血液中に過酸化脂質が増え、これがメタボの原因となり、脳梗塞、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因になります。



セサミンなどが含まれるゴマリグナンを摂取することで、メタボの脂質異常症である高血中コレステロール値が下がることが実証されてもいます。



ゴマの脂質のひとつ、オレイン酸には、悪玉コレステロール(LDL)の値だけを下げるという特長が知られています。悪玉コレステロール(LDL)は、過剰となった悪玉コレステロールが酸化され、血管壁内に沈着すると動脈硬化などの原因になると言われています。したがって、オレイン酸は、動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があるといえます。



ゴマを摂ることは、セサミンなどのゴマリグナンの強力な抗酸化作用や、オレイン酸などの働きにより、メタボリックシンドロームによる動脈硬化など生活習慣病の予防効果を期待できるといえます。

セサミン・サプリ 最新一覧 By 楽天



セサミンの効果・効用 / セサミンと活性酸素 / セサミンと冷え性 / セサミンと白髪 / セサミンと育毛 / セサミンと更年期障害 / ゴマとコレステロール / ゴマとメタボ / セサミンとアトピーと花粉症 / セサミンとアンチエイジング

スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。