セサミンとアンチエイジング セサミン

スポンサードリンク

セサミンとアンチエイジング

セサミンは、シミやシワ予防などアンチエイジング(抗老化)効果があります。シミやシワは、肝臓の機能が低下することが原因のひとつです。セサミンは、肝臓の機能を高める効果があります。



肝臓は、私たちの身体を作るアミノ酸やたんぱく質・脂肪などの合成や分解、あるいは、有毒物質の解毒などをつかさどり、皮膚や粘膜の形成の元となる器官でもあるため、機能が低下するとシミやシワの原因となります。



肝臓の機能の低下もたらす原因のひとつが活性酸素です。肝臓は、体内では最も酸素を使用する臓器です。その為、最も活性酸素が出来るところでもあるのです。



セサミンは、肝臓で機能する抗酸化物質です。さらに、ビタミンE(α-トコフェロール)と一緒に摂ると効果が倍増するようです。



アンチエイジングに必要な成分のアルブミンも肝臓で作られています。アルブミンは、成人の場合アミノ酸を原料として肝臓で一日に6g〜12g作られ、14〜18日間(半減期)体内で働いた後、アルブミンの多くは筋肉や皮膚において分解されます。



アルブミンの働きは、主に水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧の維持と、体内のいろいろな物と結合し、これを目的地に運ぶ運搬作用があります。



セサミンは、肝臓機能を高めることで、アルブミンの生成を促し、全身の活性化に寄与することでアンチエイジング効果が期待できるといえます。



セサミンは、第7の栄養素といわれるフィトケミカル ( 英: phytochemical )のひとつで、ゴマに約1%含まれているポリフェノールの一種、ゴマリグナンの一つです。



ゴマ一粒には、ごくわずかの量しか含まれていません。しかも、ゴマの硬い殻で守られていて、そのままでは消化吸収できません。そのため、炒って擂り潰すなどの加工が必要となります。

セサミン・サプリ 最新一覧 By 楽天



セサミンの効果・効用 / セサミンと活性酸素 / セサミンと冷え性 / セサミンと白髪 / セサミンと育毛 / セサミンと更年期障害 / ゴマとコレステロール / ゴマとメタボ / セサミンとアトピーと花粉症 / セサミンとアンチエイジング

スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。