ゴマとコレステロール セサミン

スポンサードリンク

ゴマとコレステロール

ゴマは、コレステロールの値を下げる効果があるとされています。ゴマに含まれているセサミンは、コレステロールの値を下げる効果があります。



食事で摂取したコレステロールは、小腸から吸収されるのですがその時セサミンは小腸でコレステロールが吸収されるのを阻害し、コレステロールが便と一緒に排泄されるのを促すように作用します。



セサミンは、コレステロールの吸収を阻害しながら、その他の体に必要な脂肪の吸収には、まったく影響しないように肝臓の遺伝子に働きかけてコレステロールなどの脂質の分解・合成(脂質代謝)を制御する作用があるとされています。



それは、例えば、普通コレステロールの吸収が妨げられると、肝臓でコレステロールの合成が促進されることが多いのですが、コレステロールの値が高いときには、肝臓での合成が促進されることはなくかえって合成を低下させてくれる作用をするとされています。



そして、セサミンを食べる量が多いほど、脂質を分解する酵素の遺伝子が活性化され、脂質を分解する酵素の量が増えます。逆に、合成する酵素の遺伝子は活性が弱まるという報告があります。



ゴマには、不飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれています。オレイン酸は、悪玉コレステロール(LDL)の値だけを下げるという特長が知られています。



したがって、ゴマを摂ることで、オレイン酸が悪玉コレステロール(LDL)の値を下げる作用をし、セサミンが脂質全体をコントロールすることでコレステロールの値を下げることが期待出来るといえます。

セサミン・サプリ 最新一覧 By 楽天



セサミンの効果・効用 / セサミンと活性酸素 / セサミンと冷え性 / セサミンと白髪 / セサミンと育毛 / セサミンと更年期障害 / ゴマとコレステロール / ゴマとメタボ / セサミンとアトピーと花粉症 / セサミンとアンチエイジング

スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。